お祝いプレゼントの必須条件とは?

▼ 贈り物の価値は値段だけじゃない!

自分が相手から貰って嬉しいプレゼントは、
きっと相手も喜んでもらえるはず。

品物もそうですが、贈り物を渡す際には、
必ず、言葉にして表現することが必須条件です。

相手に言われて嬉しくなる言葉、
それが贈る言葉として最適ということになります。

特に、同じ職場で働いていた上司に向けて、
あるいは、家族同士の父親なら尚更、喜んでもらえます。

普段お世話になった上司や父親などが定年を迎えて
退職することになった場合、お祝いの品を渡すとき、
照れくさくても、きちんとメッセージを伝えてください。

口に出すのが恥ずかしければ、メッセージカードや祝電とかでも
かまいませんから、必ず相手に伝わるようにするのがおススメです。

職場の上司が定年退職するのであれば、
前もって皆で寄せ書き(色紙)を準備しておくのも良いでしょう。
そして、代表して渡す人は一言用意して置いてくださいね。

色紙には皆でそれぞれ短くても良いので、
気持ちのこもったメッセージを書きましょう。
これまでの感謝の気持ちや思い出のエピソードなどもいいですね。

定年退職すれば、これから第二の人生が待っているわけですから、
それに関連する応援の気持ちを表すのも喜ばれると思います。

贈って楽しく、もらってより楽しい贈り物なら